沁み入るたまねぎ

いろいろ沁みる人生を目指す

【視力矯正】バンコクでICL手術した話①【世界を変えた】

おでこのメガネを探す人のイラスト(男性)

サワディーカップ

たまねぎです。

5月から規制緩和がなされそうですけど、ゴルフ場はどうなんでしょう。

カオヤイ?付近の軍所有のホテルは出来るらしいです。

ただし宿泊者のみ。

宿泊代を入れて全部で4,000THBだとか。

また5月からパタヤ方面のゴルフ場は予約の受付を開始したとか。

まぁ全く本件と関係ない話でしたので本題に。

 

目が悪くて生活に疲れるんです

小2からずっと眼鏡だった自分ですが、一旦メガネを家で紛失した時があって(朝起きたらいつもの場所にメガネがなかった)、メガネが無いと何も見えない状態に嫌気が最大となった。

それでバンコクで視力矯正手術を受けようと思い昨年10月ICL手術を受けました。

ICL手術の生の声ってネットでもあまり無かったのでそのうちの一人の話備忘録としておこうと。

だってチョット違和感あったけど術後半年以上経っても満足度凄く高いから目が悪すぎる人は受けて見る価値アリだと思う(値段も高かったけど)。

わしの裸眼スペック(旧⇨新)

手術前

小学2年から眼鏡着用

視力

左目-6.5

右目-6.0

乱視

左目-0.25

右目-0.5

コンタクトレンズはほぼ使用経験なし。

眼鏡がないと生活できないレベル。

手術後

視力

左目1.2

右目1.2

乱視

左目-0.25

右目-0.5

裸眼で生活が出来る時代に。

裸眼が恥ずかしくて伊達メガネかけてたけどレンズの色味が悪くて(黄色っぽい)裸眼に比べて見る世界が違いすぎて辞めた。

コンタクトを付けないわしはその世界の鮮明さにビビった。

ハローとかグレアとか眩しいだの見え方が悪いってのは無し。

ただ唯一光が入るとリングが見える。

でも今は大分なれて全然気にならない。

裸眼の世界>多少のリングが見える世界>>>>>>>全てがボケた花火の世界

ICL手術って?

手術そのものについては眼科のHPで事細かに書いてあるのでそちらを参照してもらえたらと思う。

icl-japan.net

簡単に言うと眼球の中にコンタクトレンズをはめ込む手術。

角膜に被せる通常のコンタクトと違って、目の中にぶちこむ。

小さな穴開けて、そこにインジェクターを使ってするりと入れる。

後ははめ込むだけ。

所要片目30分(目をいじるのは5-10分、事前の点眼とか術後の安静などで半日は使う)

白内障の手術を応用したお手軽手術。

どこで受けたのか

TRSC International LASIK Centerで受けた。

http://www.lasikthai.com/?lang_id=3

場所はMRTのルンピニ駅とシーロム駅のちょうど間くらい。

駅出て歩いて10分くらいのでかいビルの中。

入り口はたくさんあるけど、正解は大戸屋だったかフジだったか和食レストランが軒先に出てる横の入口!!

ちなみにわしが矯正手術を受けようと最初に思ったのはレーシックが安いという話をネットで見つけたから。

このメガネライフとも卒業できるじゃんとぬるく考えた結果。

それでネットでバンコク市内の病院を検索。

パッと出てきて良さそうなのが、ご存知バムルンラード病院とこのTRSC。

ただバムルンラード病院に比べてここはレーシック専門というし、全世界からパイロット達が矯正を受けに来てるって出てたから、取り敢えずこっちに行こうと思ったわけ。

しかも日本語通訳がいるとかここでレーシックした人のHPに書いてあったから安心だと思って予約したわけ!

でも!!!!

 

 

驚く豚のイラスト

日本人通訳の人辞めてた!!!!!!

日本語一切通じません!!!!!!!!

でも気合でなんとかなります(単語は全くわからないけど)。

ホームページとか日本語のページとかあるから安心してたけど、まさかいないとはね。

予約は適当に英語で予約したから病院行って知った。

手術するまでの流れ

日本も同じだと思うんだけど手術するまでの流れとしてはこんな感じ。

①矯正手術のビデオ(レーシックとICLを観せられた)を観る

②簡易検査

③医者と相談(どんな手術が良いのか)

④手術方法を決定

※ここ迄で一日

⑤厳しい眼の検査(なんか色々やる)

⑥コンタクトレンズを病院が発注(二ヶ月くらい)

※ここ迄で一日

⑦おおよその術日決定(電話で対応)

⑧手術(片目)

※ここ迄で一日

⑨手術(片目)

※ここ迄で一日

※手術は一週間毎に行った(両目を一度は不可能)。

 日本では出来るところも有る。

⑩手術翌日、翌週、翌月、翌半年(今ここ)の定期検診

まず簡易検査してなにの手術が良いか相談。

当然この時点で病院が合わないなと思ったら辞めても良い。

わしは日本語が全く通じなくて滅茶苦茶焦ったけど下記ポイントに惹かれてすすめることにした。

①患者一人につきサポートする人が一人付く、予約から全てをサポートしてくれる。

②あんま英語わかんないけどタイ訛りもなくキレイな英語で聞き取りやすい。

③実際に行ってみると圧倒的な実績の数々(手術していらなくなったメガネを患者の写真と一緒に飾ってあった)。

④手術医はこの世界のトップクラス(言い過ぎ?)の人で、決して安いところの研修医上がりが手術するということ無い。

特に④は大事にした。

やっぱり怖いからね。

元はレーシック予定だったし手術ミスとか滅茶苦茶怖かったし。。。

でも日本に帰って手術だけやっても定期検査だけやれるとも思わんし。

おとなしくバンコクで受けようと思った次第。

取り敢えず次からやってきたことを書いていくことにする。

で実際いくらやねんの話

一回目の検査終わった後取り敢えず保険でICL手術をやってる信頼できそうな病院に見積もりのメールを送った。

その結果はこんな感じ。

適当な返事のやつもあったけど笑

どの病院もコンタクトレンズ発注前の精密検査で2,000THBくらいは別途必要。

TRSC :通常レンズ 110,000THB 乱視用レンズ125,000THB

     術後の視力が低下した際にレーシックで調整する費用もあった。

     片目20,000~30,000THBくらい。

バムルン病院:通常レンズ? 120,000~130,000THB

バンコク病院:通常レンズ? 158,100THB

TRSCの一番レーシックで精密(ReLEx)が両眼で135,000THBだったから約2倍くらいかかってる。。。

実際は通常レンズで手術したので220,000THBでした。

後はここに精密検査代の2,000THBがかかりました。

術後の点眼薬とかは金額に含まれてる。

このときバーツ高(怒)だったのでレートが3.6円くらい。。。

約80万円!!!!たけぇ!!!!!

日本だと50万円~100万円くらいだったね検索したら。

全然タイだから安いってことは無かった笑

でも目が良いってでもホントいいね。

次からは実際にやってみた感想を書いていこ。

さわでぃーかっぷ

たまねぎ